鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2010年12月6日月曜日

東京off会の報告

昨日、刃物off会に行ってきた。神田御茶ノ水近くの貸し会議室の1フロアーで行われた。昨年ほど参加者は多くなかったが、それでも30人近く集まった様だ。
 
ナイフメーカーの二部さんの展示。今年唯一参加されたナイフメーカーだった。
残欠を加工したナイフ3本と、古い鍛冶鉄を展示されてた。
木の皮を剥くのに使ったらしいという、両方に柄の付く菜切り包丁風の刃物の存在感が凄かった。
 
恐れ多くも二部さんの隣のテーブルで、おいらは展示させてもらったが写真撮るの忘れてたw
 
 
 
田辺さんと根本さんのナイフ。
田辺さんは出席されなかったが、相方さん(奥さんじゃないの?)が参加。根本さんのはコレクターの方の展示。
 
二人とも複雑な面形状のブレイドを得意としていて、技術的に非常に興味深い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
コレクターの展示。ファクトリーの市販品からカスタムから自作品まで色々。
ラブレスのブーツがなにげに混ざってたりして、まさに玉石混合って感じだ・・・
ニュージーランド製のフォールディングナイフの作りに驚いた。ロック機構?が素晴しすぎるw
 
  
  
  
  
  
  
 
 
これもコレクターの展示。
軍用から民族風まで色々。
官給品なのだろうか、チープな作りの軍用ナイフが面白い。(兵隊さんは大変だ・・・)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
手前がコレクターの展示で、奥が鍛金細工の職人さんの展示。
 
何気にサファリランドの刻印のあるロンデール時代のラブレスや、平山さんの美しいフォルダーがあったりする。
 
銀の板を鍛金加工により作ったベルトのバックルが凄い。何種類もの小さなタガネを使い分けて少しづつ叩き出すそうだが、気が遠くなりそうな手間がかかっている・・・
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
奥が鹿角細工の職人さんで、手前がロストワックスでアクセサリーを作る職人さん。
 
象牙で作る根付はよく見るが、鹿角で作った根付ってのははじめて知った。鹿角は髄があるから使い方が難しそうだ。象牙より加工しにくいのではないだろうか。
 
ロストワックスのシルバーアクセサリーは精密そのもの。かなり細かい部分も鋳造で再現できるらしいが、もとになる蝋型を作るのは細かい作業で考えただけでも恐ろしい・・・
 
  
 
 
 
 
 
 
 
   
刀子コレクター(研究家?)の展示。
かなり小さい物だが、刃文で菊や富士の形を表現した物があり面白い。日常生活で実用に使った刃物らしいが、作り手のこだわりが伝わってくる様だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片山さんの仕事道具。
かなり細かい事をやってんだな・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
刀の押し型。
拓本の原理で中子や外形を写し取って、刃文は毛筆で手書きするらしい。かなり写実的でリアルな感じだ。
えらい手間のかかる作業だよな・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
色々な刀が展示され、実際に触れる事も出来た。
あまりにもたくさん刀があったから、ちょっと圧倒されてしまった。
写真を撮り忘れていて、これしか写ってなかった・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
展示鑑賞の後は、みんなが持ち寄った料理や酒で懇親会。
酒と肴とも、美味しゅう御座いましたw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気持ちよく酔ってくると何処からか2×4材が出てきて、試し切り大会になった。
酔っ払いどもが嬉々として叩き切る姿が微笑ましいw
 
 
 
以上、今年の東京off会の報告でした。
来年は11月の初め(だったよな?)に開催の予定だそうです。
刃物趣味人によるちょっと異色なイベントですが、なかなか面白い企画だと思います。興味のある人は次回是非ともご参加をw
 

16 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

あぁ、あのフォルダーの作りには
驚いた。しかも結構まともに固定できる。

懐かしいL6のブレードも良いな

楽しそうだなぁ~~、行ってみたいなぁ

さんのコメント...

せっかく誘っていただいたのに行けずに無念也orz
しかも二部さんもいらしたとは。

次回は…わかりませんが、とりあえず2月銀座とか行く予定してますです。

ものずき さんのコメント...

単なる粗悪品なのか?と思ったけど、よく見るとちゃんと使える・・・
凄く斬新に思えたわw
今度は来るだよ~

次回は是非とも~
2月に会いましょうw

匿名 さんのコメント...

怪しくも楽しげやねw
お疲れさんでした。

匿名 さんのコメント...

ちゃんとブレードストップのピンが
打ってあったりもする。

結構楽しい。


ものずき さんのコメント...

ちと怪しいかw

ところでL6って何なの?

ものずき さんのコメント...

L6ってJISのSKT4に近い鋼材なのかな?

匿名 さんのコメント...

L6

SAE規格
低合金特殊用途工具鋼

CO・・・0.7%
Cr・・・0.75%
Mo・・・0.25%
Ni・・・1.5%
Vo・・・0.25%

焼き入れ温度790~840度
油冷焼き入れ

焼き戻し温度150~540度
HRC62~45
らしい。何のこっちゃw

今はご禁制のMKⅠなんかに使われていて
砥ぎ易くて良く切れたのよ


ものずき さんのコメント...

ニッケルがやけに多い鋼材なんだな。
刃物にニッケルって、なんか効くんだろか。
ラブレスも昔は、ニッケル含有の多い鋼材好んだらしいね。

匿名 さんのコメント...

錆びにくいのと、ミラー、
加工性が良くなるとか?

匿名 さんのコメント...

ジェサブ13Bとかって言ったっけ?

ニッケルが多くてもL6錆びるw


ものずき さんのコメント...

靭性がよくなるとかなんとか・・・
なんでよくなるのかが???

1.5%程度じゃ防錆には効果ないかと・・・

匿名 さんのコメント...

ニッケルが含有されると「つおいよ!」
って元々はクルップ社がアーマーに使う時に
言い出したんぢゃなかったっけ?

大和を造る話の本で読んだ記憶がある


ものずき さんのコメント...

ニッケルは炭化物作らないから、生地に溶け込んで強化する働きがあるんかな。

五位堂 さんのコメント...

ぃゃぁ眼福の極みでございました♪
清涼飲料水「ラムだっちゃ」非常に楽しんでおります。本日りんごジャムに少々加えてみました!

ものずき さんのコメント...

ラムだっちゃがそんなにうけるとは・・・
喜んでもらえて嬉しいですw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。